CADオペレーターの求人募集を見かけたことはありませんか?

CADオペレーターってどのような仕事なの?

求人募集を見ていると、時々「CADオペレーター」を募集しているものがありますよね。CADとは、主にパソコンを使って製図などをする仕事です。家や飛行機、ビルなどの設計図面を描くことが多いです。建物や乗り物など何かものづくりをする時には、こうしたCADで作られた設計図が欠かせません。このCADオペレーターという仕事は、慣れてくると自宅でフリーでもすることができ、わりと稼げる金額も大きいので人気があります。

未経験からでもCADオペレーターになれるの?

CADの技術は、独学で本などを見ながらでも習得できます。また、スクールに通うことで本格的に勉強することもできるでしょう。仕事を得るためには、資格を取っておくのも一つの方法です。未経験からでも勉強していくことで充分に仕事を得られる可能性があります。ただし、正確に製図できるスキルを持つことが、もっとも重要となります。ただ、机の上に座って学んだ知識があるだけではいけません。未経験からこの仕事をしたいのなら、本気でスキルの習得に取り組んでいく必要があります。

図面の設計者の補佐として働くことが多い

まず、建物などを作る時には、設計者が図面を作ります。その後、CADオペレーターが設計者の指示に従って図面を書き換えていくことが多いです。つまり、図面の修正作業を任されるのが主な仕事なのです。そのため、設計に関する高いスキルは必要ありませんが、とにかく設計者としっかり話し合って指示どおりに図面を書き換えるスキルが必要とされるのです。そのスキルさえあれば、自宅でフリーでも働くことができます。そうなるためには、しっかりとスキルを磨いていく必要があります。

CADとはパソコンで設計図などを書くソフトやシステムのことをいい、誰かから指示を受けてCADを操作するのがCADオペレーターの仕事です。